web-archive-net.com » NET » U » UEGAHARA.NET

Total: 398

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • ただいま準備中 | 医療法人財団 樹徳会 上ヶ原病院
    院長のごあいさつ 理念 院長コラム 概要 沿革 フロアマップ 募集情報 募集要項 看護部 看護部 看護部について 部署紹介 研修について ワークライフバランス 年間スケジュール 先輩から後輩へ よくある質問 募集要項 介護老人福祉保健施設 ご利用案内 サービス概要 利用料金 必要なもの デイケアについて ボランティア募集 訪問介護 ご利用案内 サービス概要 訪問介護の対象となるには 利用料金 活動内容 30歳からのメンテナンス 息抜きミニコンサート 診療のご案内 内科 血液内科 消化器内科 神経内科 外科 消化器外科

    Original URL path: http://www.uegahara.net/guidance/pediatrics.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive


  • バランスのよい新年を〜 – 医療法人財団 樹徳会 上ヶ原病院
    バランスのよい新年を 年頭所感 巳年のご挨拶 2015年1月 2014年1月 2013年1月 2012年12月 2012年1月 2011年6月 2011年1月 2010年12月 2010年6月 2010年1月 2009年10月 2009年6月 2009年2月 2009年1月 2008年12月 2008年9月 2008年1月 2007年11月 2007年10月 2007年8月 2007年6月 2007年4月 2007年3月 2007年2月 2007年1月 2006年12月 2006年10月 2006年8月 2006年7月 2005年12月 2005年5月 2003年7月 2001年9月 2001年3月 2000年12月 2000年11月 2000年10月 2000年9月 2000年8月 2000年6月 2000年5月 2000年4月 1999年12月 1999年11月 1999年10月 1995年5月 診察受付時間 午前9時 12時 午後2時 4時30分 ご利用案内 はじめての方へ 外来のご案内 入院のご案内 人間ドック 健康診断 交通アクセス 病院のご案内 院長のごあいさつ 理念 院長コラム 概要 沿革 フロアマップ 募集情報 看護部

    Original URL path: http://www.uegahara.net/outline/director/1682.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 年頭所感「巳年のご挨拶」 – 医療法人財団 樹徳会 上ヶ原病院
    ヘビのように柔軟ですばしこく そして効率よくスリムに 今年も長くしつこくよろしくお願いいたします 夢ふくらむノーベル賞 兵庫県民間病院協会会報2012年12月号 バランスのよい新年を 震災20年の年初めに 兵庫県民間病院協会会報 2015年1月号 新年を迎えて 病院めぐり 西宮市医師会会報 談話室 2015年1月号 バランスのよい新年を 年頭所感 巳年のご挨拶 2015年1月 2014年1月 2013年1月 2012年12月 2012年1月 2011年6月 2011年1月 2010年12月 2010年6月 2010年1月 2009年10月 2009年6月 2009年2月 2009年1月 2008年12月 2008年9月 2008年1月 2007年11月 2007年10月 2007年8月 2007年6月 2007年4月 2007年3月 2007年2月 2007年1月 2006年12月 2006年10月 2006年8月 2006年7月 2005年12月 2005年5月 2003年7月 2001年9月 2001年3月 2000年12月 2000年11月 2000年10月 2000年9月 2000年8月 2000年6月 2000年5月 2000年4月 1999年12月 1999年11月 1999年10月 1995年5月 診察受付時間 午前9時 12時 午後2時 4時30分 ご利用案内 はじめての方へ

    Original URL path: http://www.uegahara.net/outline/director/1073.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 「夢ふくらむノーベル賞」 兵庫県民間病院協会会報2012年12月号 – 医療法人財団 樹徳会 上ヶ原病院
    iPSが臨床応用されたら 先天奇形も手術無し 救急医療も外傷 脳梗塞や心筋梗塞もその時 死にさえしなければ一週間待っても欠損した部分を再生できるようになる なんてまだまだ夢は膨らみます こんな夢のある新技術こそ 激しい競争で早まって違った方向へ行かないように正しい倫理のなかで育てていってほしいものです iPSの新技術をもってしても医師がもつべき心 倫理 意欲 自信を再生させるのは個人の努力でしかありません 2年前と少しも変わりません 携帯電話によって下手になった対面コミュニケーション技術 レントゲン CT MRIなど画像診断の進歩によって退化した打聴診 触診の技術 電子カルテによって遮断された患者さんへの温かい視線 そんな事をしている間に 私たちの高度専門的技術が接骨士 マッサージ士 はたまた占い師なんかに蝕まれていくかもしれません 技術が進歩すればするほど 夢が膨らめば膨らむほど 医師としての基本姿勢を思い返し繊細な医療人としての感覚を磨く事を忘れてはならないのだと思います 絆で始まる龍年 兵庫県民間病院協会会報2012年1月号 年頭所感 巳年のご挨拶 震災20年の年初めに 兵庫県民間病院協会会報 2015年1月号 新年を迎えて 病院めぐり 西宮市医師会会報 談話室 2015年1月号 バランスのよい新年を 年頭所感 巳年のご挨拶 2015年1月 2014年1月 2013年1月 2012年12月 2012年1月 2011年6月 2011年1月 2010年12月 2010年6月 2010年1月 2009年10月 2009年6月 2009年2月 2009年1月 2008年12月 2008年9月 2008年1月 2007年11月 2007年10月 2007年8月 2007年6月 2007年4月 2007年3月 2007年2月 2007年1月 2006年12月 2006年10月 2006年8月 2006年7月

    Original URL path: http://www.uegahara.net/outline/director/1061.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 「絆で始まる龍年」兵庫県民間病院協会会報2012年1月号 – 医療法人財団 樹徳会 上ヶ原病院
    今年もどうぞよろしくお願いいたします 石巻での経験 兵庫県民間病院協会会報2011年6月号 夢ふくらむノーベル賞 兵庫県民間病院協会会報2012年12月号 震災20年の年初めに 兵庫県民間病院協会会報 2015年1月号 新年を迎えて 病院めぐり 西宮市医師会会報 談話室 2015年1月号 バランスのよい新年を 年頭所感 巳年のご挨拶 2015年1月 2014年1月 2013年1月 2012年12月 2012年1月 2011年6月 2011年1月 2010年12月 2010年6月 2010年1月 2009年10月 2009年6月 2009年2月 2009年1月 2008年12月 2008年9月 2008年1月 2007年11月 2007年10月 2007年8月 2007年6月 2007年4月 2007年3月 2007年2月 2007年1月 2006年12月 2006年10月 2006年8月 2006年7月 2005年12月 2005年5月 2003年7月 2001年9月 2001年3月 2000年12月 2000年11月 2000年10月 2000年9月 2000年8月 2000年6月 2000年5月 2000年4月 1999年12月 1999年11月 1999年10月 1995年5月 診察受付時間 午前9時 12時 午後2時 4時30分 ご利用案内 はじめての方へ 外来のご案内

    Original URL path: http://www.uegahara.net/outline/director/56.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 「石巻での経験」兵庫県民間病院協会会報2011年6月号 – 医療法人財団 樹徳会 上ヶ原病院
    行政派遣の本部の青年達やボランティアたちは受講経験のある人もいれば 全く初めての人も 夜間医療チームがいない間の不 安もあり 短時間のため胸骨圧迫の練習とAEDの使い方のみでしたが 熱心に受講 練習してくれました これが活かされないことを祈りながら 避難所になっている学校の校長先生が みずからも奥様を亡くし かつ避難所の最高責任者としてずっとがんばっていらっしゃり 本部の方が潰されないかと 心配されていたり 認知症のおじいさんが集団生活はできず 個室を作って遠巻きに監視していられたり そんな対応までに相談を受けました 本部の方々も交 代で 医療支援も交代で 変わらないのは被災者の方々だけ それぞれに問題点が引き継がれ改善されいるのでしょうか JMATに参加したたった3日間で やらなければならないことがやっと見えてきたと思ったら もう交代日となっていました 本当に何が出来たか 何か役に立ったのだろうか 中 途半端な仕事に対するかなりのむなしさを残して帰途につきました 高台に逃げることができた人々が津波の押し寄せるビデオを写していた日和山公園と完全に 瓦礫と化した海岸地区へ立ち寄る機会を得ました 津波の恐ろしい破壊力を目の当たりに 私達のあまりにもの無力に声なく 復旧まもない仙台空港へと向かい ました 空港へと向かう車窓からみた高速道路の周辺はだだっぴろい農地かと 農地は農地でしたが よくみると 広々とした平地に自動車が瓦礫が転がっ ているのでした 二度とあってはならない災害支援という貴重な経験をさせていただいた事 また一緒に活動できた県医師会副会長小澤孝好先生 東灘区住吉川病院の渋谷浩二先生 尼崎市医師会朝田真司先生と看護協会 薬剤師会 各地医師会事務局の皆さん方にこの場を借りて感謝いたします 兵庫県民間病院協会会報 2011年6月号より 年頭所感 伊達直人さま 絆で始まる龍年 兵庫県民間病院協会会報2012年1月号 震災20年の年初めに 兵庫県民間病院協会会報 2015年1月号 新年を迎えて 病院めぐり 西宮市医師会会報 談話室 2015年1月号 バランスのよい新年を 年頭所感 巳年のご挨拶 2015年1月 2014年1月 2013年1月 2012年12月 2012年1月 2011年6月 2011年1月 2010年12月

    Original URL path: http://www.uegahara.net/outline/director/59.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 年頭所感「伊達直人さま」 – 医療法人財団 樹徳会 上ヶ原病院
    タイガーマスク運動 の流行はインフルエンザほどに強く広く流行ってほしいものです 兵庫県民間病院協会会報 2011年1月号 病院めぐり7西宮市医師会会報 談話室 2011年1月号 石巻での経験 兵庫県民間病院協会会報2011年6月号 震災20年の年初めに 兵庫県民間病院協会会報 2015年1月号 新年を迎えて 病院めぐり 西宮市医師会会報 談話室 2015年1月号 バランスのよい新年を 年頭所感 巳年のご挨拶 2015年1月 2014年1月 2013年1月 2012年12月 2012年1月 2011年6月 2011年1月 2010年12月 2010年6月 2010年1月 2009年10月 2009年6月 2009年2月 2009年1月 2008年12月 2008年9月 2008年1月 2007年11月 2007年10月 2007年8月 2007年6月 2007年4月 2007年3月 2007年2月 2007年1月 2006年12月 2006年10月 2006年8月 2006年7月 2005年12月 2005年5月 2003年7月 2001年9月 2001年3月 2000年12月 2000年11月 2000年10月 2000年9月 2000年8月 2000年6月 2000年5月 2000年4月 1999年12月 1999年11月 1999年10月 1995年5月 診察受付時間 午前9時 12時 午後2時

    Original URL path: http://www.uegahara.net/outline/director/62.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 病院めぐり7西宮市医師会会報「談話室」2011年1月号 – 医療法人財団 樹徳会 上ヶ原病院
    もちろん外来もリハビリの相談もいたします 上ヶ原病院は市内で二番目に禁煙外来を開設しました 今年は値上げ効果もあってか 予約は満杯です ご多分にもれず チャピックス品切れ事態も経験しています もうひとつ今年のトピックスです 放射線障害のための外来が始まりました 以前から高気圧酸素療法だけが効果があるとされていた放射線照射後潰瘍や放射 線性骨髄炎 照射後の出血性膀胱炎 出血性直腸炎など 高気圧酸素療法を継続している施設が少なく 特に近畿地方は手薄 兵庫県立粒子線センターのご紹介 で次々と照射後の患者さんが来られるようになりました 今では週に一回 粒子線センターからの医師が外来をもち 遠く赤穂 松山 佐世保からも入院治療に 来られています 粒子線で癌が治った後に 忘れた頃に出てくる照射後障害 疼痛 潰瘍 出血 開口障害など 入院してこられるケースは悲惨です 粒子線に 対する認識が否定的になってしまうのですが 悲惨なケースばかりを紹介下さっているので ほとんどの方は後遺症無く治癒するということです 練炭など一酸 化炭素中毒の症状改善にも高気圧酸素療法をしますが 自殺が増加している時勢にあり 高気圧酸素の予約も満杯になっています いろいろ書きましたが 上ヶ原病院の基本的スタンスは地域医療 西宮市 周辺の先生方の後方ベッドとして いつでも使っていただき 信頼していただけるような病院でありたいと思っています 今後ともどうぞよろしくお願いいたします 院長 大江与喜子 西宮市医師会会報 談話室 平成23年1月号巻より 随想 医療の国際化 兵庫県民間病院協会会報2010年12月号 年頭所感 伊達直人さま 震災20年の年初めに 兵庫県民間病院協会会報 2015年1月号 新年を迎えて 病院めぐり 西宮市医師会会報 談話室 2015年1月号 バランスのよい新年を 年頭所感 巳年のご挨拶 2015年1月 2014年1月 2013年1月 2012年12月 2012年1月

    Original URL path: http://www.uegahara.net/outline/director/216.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive