web-archive-net.com » NET » O » OFUNACHUOHP.NET

Total: 187

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 大船中央病院 皮膚科
    365日24時間受付 文字サイズ 小 中 大 病院概要 診療科目 各部門案内 受診のご案内 採用情報 付属施設 健康管理センター 人間ドック 歯科 附属歯科診療所 診療科のご案内 診療科に関する情報をまとめたコーナーです 診療科メニュー 内科 消化器 IBDセンター 乳腺センター 整形外科 婦人科 泌尿器科 外科 眼科 放射線治療センター 脳神経外科 麻酔科 耳鼻咽喉科 皮膚科 病理診断科 光学診療部 救急診療科 診療科の説明 担当医師 診療科の説明 皮膚疾患全般にわたり診察致しますので 皮膚病に関連したどのようなご相談でもお受け致します

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/shinryo/hihuka/index.php (2016-04-30)
    Open archived version from archive


  • 大船中央病院 呼吸器外科
    文字サイズ 小 中 大 病院概要 診療科目 各部門案内 受診のご案内 採用情報 付属施設 健康管理センター 人間ドック 歯科 附属歯科診療所 診療科のご案内 診療科に関する情報をまとめたコーナーです 診療科メニュー 内科 消化器 IBDセンター 乳腺センター 整形外科 婦人科 泌尿器科 外科 眼科 放射線治療センター 脳神経外科 麻酔科 耳鼻咽喉科 皮膚科 病理診断科 光学診療部 救急診療科 診療科の説明 担当医師 診療科の説明 CT透視下生検について 当院呼吸器外科医師 佐伯典之

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/shinryo/kokyuukigeka/index.php (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 大船中央病院 病理科
    診療科目 各部門案内 受診のご案内 採用情報 付属施設 健康管理センター 人間ドック 歯科 附属歯科診療所 診療科のご案内 診療科に関する情報をまとめたコーナーです 診療科メニュー 内科 消化器 IBDセンター 乳腺センター 整形外科 婦人科 泌尿器科 外科 眼科 放射線治療センター 脳神経外科 麻酔科 耳鼻咽喉科 皮膚科 病理診断科 光学診療部 救急診療科 診療科の説明 担当医師 診療科の説明 この度大船中央病院に病理科が新しく設けられ専任医師 病理医 が勤務することとなりました 病理医は直接患者様を診察することはないので大方の人は病理科 病理医のことを知らないと思います 病理科 病理医について簡単にご説明いたします 病理科は簡単に述べると患者様から体の病変部の組織を採取し顕微鏡を使って 病気 を調べる科です 私たちの身体は細胞が寄り集まって作られています 細胞の形や並びかたなどを調べて病気の種類 病理診断 程度 新旧等を明らかにして臨床医に情報として伝えます 臨床医はそれに基づいて治療方針を決めます 検査は病変の一部をとって病気の診断をつける 生検 と病変のある臓器をまとめて切除し病変の全体像を調べる 手術検査 があります それを具体例で説明しますと次のようになります カメラなどの内視鏡で見た胃の病変の一部をとり 胃生検 胃炎なのか胃癌なのかなどの病理組織診断をつけます 胃炎と胃癌では治療方法が全く異なります 胃生検で胃癌と診断され 治療法として手術が選択されると 胃の一部あるいは全体が手術で摘出されます 摘出された胃から癌の部分の組織標本を作って 顕微鏡で胃癌を詳細に調べ その情報 大きさ 組織型 悪性度や進行度 血管 リンパ管浸潤の有無など を臨床医へ知らせます

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/shinryo/byorika/index.php (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 大船中央病院 救急診療科
    大 病院概要 診療科目 各部門案内 受診のご案内 採用情報 付属施設 健康管理センター 人間ドック 歯科 附属歯科診療所 診療科のご案内 診療科に関する情報をまとめたコーナーです 診療科メニュー 内科 消化器 IBDセンター 乳腺センター 整形外科 婦人科 泌尿器科 外科 眼科 放射線治療センター 脳神経外科 麻酔科 耳鼻咽喉科 皮膚科 病理診断科 光学診療部 救急診療科 診療科の説明 担当医師 診療科の説明 救急診療科では 当院かかりつけの患者さんから新しく受診される患者さん 救急車でいらっしゃる患者さん さまざまな患者さんの診療を行っています そして 近隣医療機関との医療連携に取り組むなど

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/shinryo/emergency/index.php (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 栄養科

    (No additional info available in detailed archive for this subpage)
    Original URL path: /bumon/index.html (2016-04-30)


  • 社会医療法人 互恵会 大船中央病院 薬剤部
    入院患者さんの注射薬を調剤 特定生物由来製品 血漿分画製剤 の管理を行っています 当院では患者さんの注射薬を処方箋に合わせて一人一人セットしています 処方箋に基づき アンプル バイアル 輸液類を取り揃えます 患者さんの名前シールを貼り病棟へ払い出します 注射剤は一般的に飲み薬より作用が強いため 特に慎重に投与しなくてはなりません 入院 外来調剤室と連携して重複投与 内服薬と注射剤の組み合わせや副作用 投与量をチェックする為 より万全を期した治療を行う事が出来ます 注射調製 製剤室 入院患者さんの注射混合や 市販されていない薬品や特殊な治療に用いる病院独自の製剤 特殊製剤 院内製剤 の調整を行っています 当院では薬剤部で注射薬全混注を行っています 混注時に再度処方内容を確認しながら 患者さんを待たせる事の無いよう迅速に混注しています また 外来 入院問わず 抗がん剤の無菌調製もしております 抗がん剤は作用が強力である為 使い方を誤ると命に関わる重大な医療事故をおこす場合があります 製剤室では 投与量や投与方法 投与間隔等の確認を行い このような事故を防ぎ 適正な抗がん剤の治療が出来るよう安全面にも十分注意しています 当院では注射を混合する為の クリーンベンチ 抗がん剤を混合する為の 安全キャビネット を設置し 無菌的に調製しております 病棟業務 当院では各病棟に病棟専任薬剤師が1名常駐しており 薬の管理を行っています 患者さんやご家族の方が安心して薬物治療を受けられる様ベッドサイドにお伺いし 主に薬の効能や服用方法 副作用 注意点等をご説明します また同じ作用の薬が重複してないか 飲み合わせは悪くないか等をチェックし 安全な薬物療法を支援します また薬の飲み合わせや副作用により適切な治療効果が妨げられた例もあり これを未然に防ぐと共に 副作用等の早期発見の為に日々患者さんの容態をお薬からチェックし 患者さんの治療の為に最も有効で安全に行われるよう様々な管理を行っています 病棟薬剤師が常駐することにより 医師 看護師との連携が密にとれ より良い医療の提供が行なわれています 薬品管理 病院内で使用されている医薬品の購入と供給 在庫管理をコンピュータ等を使い管理しております また 各種管理薬剤 麻薬 毒薬 向精神薬 特定生物由来製品 等 の管理も行っています 院内のお薬が過不足なく安定供給されるよう努力しています 薬剤の保管温度も適正に管理しています 手術室出向も併せて行っています 手術室管理薬剤の在庫管理と 麻酔薬等の処方が正しくオーダーされているか 帳票の記載は適正か監査をしています 各科外来や救急外来の救急カート配置薬管理も行っています 外来支援 当院では内視鏡による検査や処置が行なわれています 薬剤部では検査の説明時に より安全に検査を受けて頂こうと薬剤師が 持参薬やサプリメントや健康食品の確認や処置薬の説明をさせて頂いております また外来化学療法を受けられる患者さんに対して点滴室に赴き 個々の患者さんに合わせた化学療法に関する説明をさせて頂いております 薬学実務実習生教育 臨床に対応出来る薬剤師として さらには基本的な心構えや言動 服装も含めて医療人としての望ましい接遇や態度を身につけるよう指導 育成しております また 当院は厚生労働省薬剤師実務研修施設に認定されております 薬剤部では高度な医療に対応出来る薬剤師後進の育成も重要な責務と位置づけ 薬剤部研修生や薬系大学からの薬学実務実習生の教育にあたっています 現場での調剤 病棟薬剤業務等に直接参加し 薬剤師としての認識を持たせる事に重点を置いております 日本薬剤師研修センター 旧厚労省補助事業 認定実務実習指導薬剤師 5名 日本病院薬剤師会認定実務実習指導薬剤師 5年目以上補完 その他外部受入研修研究生指導実績 大学院生研究生受入指導実績 平成23年 1名 6年次卒業論文研究指導実績 平成22年 1名 平成23年 2名 日本薬剤師研修センター事業 平成20年 1名 保険薬局薬剤師 JICA海外派遣薬剤師研修実績 平成19年 1名 神奈川県病院薬剤師実務者養成研修 平成23年 1名 平成24年1名 薬科大学1年生早期体験実習 平成22年6名 平成24年8名 平成25年7名 平成26年6名 平成27年6名 他病院から見学受け入れ実績 上白根病院 西横浜国際総合病院 屏風ヶ浦病院 東埼玉総合病院 川口工業総合病院 東芝林間病院 相模更生病院 衣笠病院 東海大医学部付属病院 東戸塚記念病院 河北総合病院 茅ヶ崎市立病院 岩手県病院薬剤師会 岩手県立江刺病院 岩手県立中央病院 岩手県立中部病院 等 当院で病院実務実習 11週間 受講単位を予定されている学生はこちら 医薬品情報室 厚生労働省や製薬会社等から集まる医薬品の最新情報を収集 整理 評価し 迅速に医療スタッフや患者さんへ情報提供したり 質問に応じたりする業務です 質問には 文献 学術書だけでなく インターネット パソコン通信 専用FAXなども駆使し 外部からの問い合わせにも対応しています これらの医薬品情報を使って 患者さんへの治療に医薬品を有効かつ安全に使用して頂く為より良い情報を提供し 医療の向上と効率化に貢献しています また コンピュータを使用して院内採用医薬品集の編集 発行 薬事審議会の資料や患者さんへのお薬等医療情報の発行物作成 院内副作用情報の収集と厚生労働省への報告などを日常の業務としています 認定 研修制度 学術 厚生労働省薬剤師実務研修施設 日本薬剤師研修センター認定薬剤師 6名 厚生労働省薬剤師実務研修指導薬剤師 5名 ケアマネージャー 介護支援専門員 資格取得薬剤師 1名 日本病院薬剤師会認定実務実習指導薬剤師 5名 栄養サポート NST 専門薬剤師 1名 当院では新薬説明会や勉強会 院内医師等による講演会を主催し 日々進歩する医療に対し積極的に知識と技術の向上に努めております 薬剤部では幅広い知識を持つ薬剤師の育成を目的とし各種勉強会を実施しています 薬局独自の定期的な勉強会 症例検討会など や製薬企業主催の勉強会への積極的参加により薬剤師としての知識向上へ繋がります また薬学以外の勉強会の実施 参加を通して医療人としての基本的知識も身に付ける事が出来 チーム医療の一員として活躍の場が開いています さらに薬剤部では業務の合間を利用した学会参加や学会発表も行っております 参加 発表学会 平成26年度 抜粋 神奈川県病院薬剤師会セミナー 生活習慣病指導薬剤師研修会 製薬工場見学会 DIスキルアップセミナー 認定実務実習指導者養成講習会 癌専門薬剤師セミナー 卒後教育研修会 専門薬剤師研修セミナー NST 感染制御 かながわ実務指導薬剤師養成ワークショップ 日本医療薬学会年会 日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会 県病薬実務研修会 かながわ薬剤師学術大会 鎌倉市薬剤師会学術研究会 等多数 治験事務局 治験のご案内へアクセス おくすりQ A Q1 痛み止めを服用しましたが 1時間たっても痛みがおさまりません 成分の異なる他のお薬をさらに服用して良いでしょうか 成分が違うからといって すぐに他のお薬を服用しないで下さい 過量服用となり副作用が発現する事があります 初めに服用した薬の用法用量に記載してある服用間隔を経過した後に服用して頂き それでも続く場合は外来へお掛かり下さい Q2 お薬を牛乳やジュースで服用しても良いでしょうか お薬によっては抗生物質等牛乳中のカルシウムで影響をうけるお薬や 一部の降圧剤等グレープフルーツジュースで服用すると効果が強く現れるお薬があります お薬は効果に影響を与えない水またはぬるま湯で服用して下さい Q3 点眼薬は 1回何滴使用したら良いでしょうか 点眼薬の容器から落ちる1滴は 目からあふれるほど十分の量があります 医師の指示がない場合は 1滴ずつ使用してください 多くても2滴で十分です Q4 薬はどこに保管すれば良いでしょうか 薬は高温と湿気と光に弱いので直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい所で保存して下さい シロップ剤などは一つの容器から何度も使用するので汚染を防止するために冷蔵庫に保存した方が安全です Q5 薬を服用したら発疹が出ました この薬は何回か服用した事があり これまで異常はありませんでした このような事はあるのでしょうか 今までに服用して何もなかった薬でも発疹を引き起こす事もありますし その時の体調や食事による場合もあります その他の要因等も考えられますので 一度外来へお掛かり下さい Q6 院外処方せんはその日のうちに院外薬局に提出するのですか 有効期間が 処方日を含めて4日以内 です そのため 特に週末や年末年始 連休にあたる時は注意して下さい Q7 院外薬局はどこでもOKだと聞きました いろいろな薬局に行って良いですか 処方せん受付は可能ですが かかりつけ薬局を持ち 薬歴を管理して適切な薬剤管理を受けるのが 医薬分業の目的であるため かかりつけ薬局をつくられることをお勧めします Q8 糖尿病で通院中です 全ての薬が院外になるのですか アルコール綿 ペンニードル 血糖測定器等の資材は院内でのお渡しとなります インスリン注 薬などは院外で受け取って頂くことになります Q9 患者本人が希望すれば院内でももらえるのですか 基本的には全患者さんが院外処方となります Q10 お薬手帳はなんで必要なのですか お薬手帳では 現在患者さんが服用しているお薬や副作用 アレルギー歴などが容易に確認ができるため 重複投与や相互作用を未然に防止することができます より安全な医療を受けるためにも受診時にはお薬手帳をご持参下さい 所属学会等リンクページ 職能団体 日本薬剤師会 http

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/bumon/yakuzai/index.php (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 社会医療法人 互恵会 大船中央病院 リハビリテーション科
    また 各病棟 各科医師とも定期的にカンファレンスを実施し 患者さんへの多角的なリハビリテーションアプローチを目指しております 維持期のリハビリテーションにつきましては 医師の診察による総合的な判断のもとに行っております また 在宅でのリハビリテーションにつきましては 訪問担当医師や看護師 メディカルソーシャルワーカー リハビリテーション科スタッフがチームを組み 患者さんやご家族のご意見 ご要望を伺いながら QOL 生活の質 をより高められるようなサービスを目指しております リハビリテーション科医師による診察のご案内 リハビリテーション科医師による外来患者さんに対するリハビリテーション診察を行っております 当院でのリハビリテーションをご希望の方は リハビリテーション科受付までお問い合わせいただき 診察予約をおとり下さい 尚 装具 車椅子等のご相談も承ります 診療日時 火曜日 9 00 11 30 13 00 16 30 お問い合わせ先 電話 0467 45 2111 代 リハビリテーション科 リハビリテーション科 診療時間 月曜日 金曜日 9 00 12 00 受付は11 30まで 13 00 17 00 受付は16 30まで 土曜日 9 00 12 00 受付は11 30まで 午後は入院のみ診療 対象疾患 整形外科 変形性股関節症 変形性膝関節症 腰部脊柱管狭窄症

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/bumon/reha/index.php (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 社会医療法人 互恵会 大船中央病院 検査科
    検体検査室では受診された方々には普段あまり目にされることがない検査機器が並び 採血室で採取させていただいた血液や尿など から幾つもの項目を分析しています 検体検査室では迅速な検査結果が必要な検査項目を院内で行い 効率化と高い精度を常に意識した 業務体制づくりを行っています ここでは検体検査室で検査している項目と機器の簡単なご案内をさせていただきます 全自動複合装置 三菱メディエンス STACIA 測定項目 PT APTT TT HPT D ダイマー フィブリノーゲン FDP HCV抗体 HBs抗原 RPR定量 LDH AST ALP ALP γGTP CK AMY BUN UA CRE Ca IP TG T CHO HDL LDL T Bil TP ALB CRP U ALB U CRE CHE D Bil Glu CRP フェリチン エタノール 凝固 線溶系 感染症の検査を行う装置です 夜間緊急時には生化学検査も行い24時間緊急検査に対応しています 生化学分析装置 日本電子 BM6050 測定項目 LDH AST ALP ALP γGTP CK AMY BUN UA CRE Ca IP TG T CHO HDL LDL T Bil TP ALB CRP U ALB U CRE CHE D Bil Glu CRP 生化学分析装置です 生化学の日中業務はこの装置で検査を行っています 免疫学的分析装置 SIEMENS ADVIA CENTAUR XP 測定項目 CEA AFP CA15 3 CA19 9 PSA TSH F T3 F T4 1時間240テストの腫瘍マーカー 免疫学検査分析装置です 癌の存在にともない上昇することのある 腫瘍マーカーや甲状腺機能にともない上昇や下降する内分泌を測定しています 血球数算定装置 SYSMEX XT1800i KX21N 測定項目 白血球数 赤血球数 血小板数 ヘモグロビン ヘマトクリット 白血球5分画 血液の血球成分をカウントする装置です 炎症の程度や貧血 血液疾患診断の一助となります 尿中有形成分分析装置 SYSMEX UF1000i 測定項目 尿中白血球数 尿中赤血球数 尿中上皮細胞数 尿中細菌数 尿中硝子円柱 尿中の有形成分を分析することにより尿路感染症や尿路系の状態の把握に有用となります 自動尿定性装置 栄研化学 US3100R 測定項目 比重 反応 ウロビリノーゲン半定量 蛋白半定量 糖半定量 ビリルビン半定量 ケトン体半定量 潜血反応 白血球 亜硝酸塩 色調 濁度 尿中成分を半定量します ヘモグロビンA1C測定装置 東ソ G9 測定項目 HbA1c HbA1cを迅速に高精度に測定します 自動輸血検査装置 ORTHO AutoVue 測定項目 不規則性抗体 交差試験 主試験 血液型 表裏 輸血時に必要な検査を行います 輸血管理システムとの連動により確実な管理を行っています 血液ガス分析装置 Radiometer ABL80 2台 測定項目 血液ガス イオン化カルシウム 血液中の二酸化炭素や酸素 電解質を測定します 免疫測定装置 Radiometer AQT90 FLEX 2台 測定項目 トロボニンT CK MB NT pro BNP 心筋マーカーの検査を24時間測定しています 検体検査項目案内 PDFダウンロード 主な検体検査の基準値 PDFダウンロード 生理検査室のご案内 生理検査は電極や探触子を直接からだにあてることにより からだの中の情報が得られる検査です 被爆は一切なく痛みや苦痛なども基本的にはありませんので安心して検査をお受け下さい 心電図検査 フクダ電子 FCP8600 3台 FCP8321 2台 食事制限なし 検査時間約3分 仰臥位の安静な状態で 両手足と胸部に電極を計10個つけ12パターンの 方向から感知した電位を波形にする検査です 検査は両手首足首と胸部をだしていただき検査を行います この検査は 心疾患のスクリーニング検査として行なわれており不整脈や 伝導障害 心筋梗塞の診断に有用です マスター負荷心電図検査 フクダ電子 FCP8600 食事制限なし 検査時間約15分 踏台昇降を行い心臓に負荷をかけたあとに心電図を記録し その変化を安静時の心電図と比較します 昇降の早さは年齢 性別 体重に より決められます 虚血性心疾患などの診断に有用です ホルター心電図検査 フクダ電子 FM 180S SCM8000 4台 食事制限なし 検査時間約24時間 取付15分 5個の心電図電極をつけて小型の心電図記録装置で24時間連続記録を行い 不整脈や虚血性変化の検出を行います 通常の心電図では記録時間が短いため検出されない異常も検出できることがあります 記録中はシャワー 入浴 電気毛布の 使用が不可となりますが 他普段どおりに行動していただけます 翌日 取り付け同時刻に取り外します 24時間血圧検査 フクダ電子 FM200 2台 食事制限なし 検査時間約24時間 取付30分 血圧測定を昼間30分おき 夜間1時間おきに測定します 血圧の日内変動をみる検査です 検査前の食事制限は特にありませんが お風呂 シャワー 電気毛布は不可 となります 翌日 取り付け同時刻に取り外します トレッドミル負荷心電図検査 フクダ電子 ML 9000 MA2700 食事制限なし 検査時間約30分 トレッドミル ベルトコンベアの上を早足で歩く を行い心電図を記録する検査です この検査は心電図電極とカフをつけた状態でトレッドミルを行い 心電図波形の変化と 血圧の変化をリアルタイムで監査し心電図波形の変化をみる検査です 狭心症などのスクリーニング検査として用いられます 基本肺機能検査 肺活量 VC 努力性肺活量 FVC フクダ電子 SP 770COPD SP370COPD 食事制限なし 検査時間約10 20分 肺活量や1秒間の呼出量および勢いなどを測定する検査です 被検者の努力により値が変わりますので 検者は少し大きな声で検査をすすめますのでご了承下さい 肺拡散能

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/bumon/kensa/index.php (2016-04-30)
    Open archived version from archive