web-archive-net.com » NET » O » OFUNACHUOHP.NET

Total: 187

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 大船中央病院特色 消化器・IBDセンター
    放射線科医で相談決定します 治療は各専門医が担当します IVR治療には2014年1月に最新の治療機器 IVR CT が導入され稼働しております 放射線治療は定位放射線治療装置による治療がおこなわれ本邦有数な優れた治療成績を残しています 内視鏡検査 治療 光学診療部 上部消化管内視鏡 胃カメラ 大腸内視鏡 小腸内視鏡 シングルバルーン内視鏡 ERCP 内視鏡による胆石 黄疸などの治療 カプセル内視鏡 小腸 大腸検査 など幅広い検査 治療をおこなっております 内視鏡機器は最新機器 オリンパスEVISルセラエリートシステム を使用し 特殊光 NBI や拡大観察などの新しい診断手法を積極的に使用しています 日本消化器内視鏡学会内視鏡専門医による腫瘍切除治療 ESD EMR ポリペクトー は日常的におこなわれています 2015年4月からはESDなどの高度内視鏡治療に豊富な経験を持つ森川医師を常勤医師として迎え診療 治療内容はさらに充実いたしました 当院ではかかりつけの患者さんでなくても内視鏡検査の受付をしております ご予約は消化器 IBDセンター外来を受診してください 大船中央病院でのIBD 潰瘍性大腸炎 クローン病 診療 質の高い医療を通じて地域に貢献 当院は鎌倉市に位置する地域の中核病院として 急性期診療を中心に専門的な医療をおこなう総合病院です 医師は常に研鑽を積み 科学的根拠 エビデンス に基づいた質の高い医療を提供することを心がけております 現在 我々の炎症性腸疾患 IBD 専門外来では 500名近くの患者さんが通院されています 潰瘍性大腸炎とクローン病の割合は およそ2対3で 近隣のクリニックはもちろん 全国から治療に難渋した患者さんが紹介されて来院いたします 潰瘍性大腸炎の寛解導入治療に対しては重症例に免疫調節薬 タクロリムス や生物学的製剤 レミケード ヒュミラ などを 中等 軽症例には5 ASA 製剤に加えてステロイドやGCAP療法 顆粒球吸着療法 LCAP 白血球除去療法 で治療します 寛解維持治療は 5 ASA ペンタサ アサコール サラゾピリン 製剤を十分量投与することで基本ですが 難治例には免疫調整薬 アザチオプリン 6MP や生物学的製剤 レミケード ヒュミラ での治療をおこなう場合もあります クローン病の寛解導入には 個々の患者さんに合わせてステロイド GCAP療法 顆粒球吸着療法 成分栄養剤 食事療法 生物学的製剤 レミケード ヒュミラ なども使用します 寛解維持には5 ASA製剤に加え 免疫調節剤 イムラン 生物学的製剤 レミケード ヒュミラ を使用します 当センターでは グローバル スタンダード 世界基準 科学的根拠 エビデンス に基づいたIBD治療を根本に据え その上で一人ひとりの患者さんに最適な治療を総合的に判断して治療をおこなっています またクローン病においては小腸X線や大腸 小腸バルーン内視鏡 カプセル内視鏡 超音波 MRI検査などから患者さんごとに最適な方法で腸病変の評価 治療をしております 内視鏡検査は 安心して検査を受けていただけるように優れた技術を持つ医師が担当しております かつては日本各地で異なるIBD治療が行われていた時代がありました その後 当院の上野文昭医師 注1 が責任者となり厚生労働省研究班のプロジェクトグループにおいて潰瘍性大腸炎とクローン病の診療ガイドラインが作成されました ガイドラインは医療者と患者さん双方が適切な治療を行うための目安であり 個々の患者に最適な治療を選択することが重要です 治療が難しい患者さんには日比紀文医師 注2 やセンター内医師のカンファレンスで相談して診療にあたります 日比紀文医師は定期的に来院されていますので日比医師の診療を受けることも可能です 当センターでは市民公開講座など様々な機会を設けて 医療スタッフ全員で患者さんの立場を理解し 患者さんと共に考え 悩みながら病気に伴う様々な問題解決に取り組んでいます IBDでお悩みがある方はお気軽に来院ください 注1 上野文昭 うえの ふみあき 医師 大船中央病院 特別顧問 1973年慶應義塾大学医学部卒業 1977年トゥーレイン大学医学部内科臨床研修課程修了 東海大学客員教授 炎症性腸疾患診療ガイドライン作成 責任者 厚労省研究班 日本消化器病学会 などを務める 注2 日比 紀文 ひび としふみ 医師 慶應義塾大学消化器内科主任教授 日本消化器病学会理事 日本内科学会理事 厚生労働省難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班 班長などを歴任し現在は慶応義塾大学名誉教授 北里研究所病院炎症性腸疾患先端治療センター長 専門は炎症性腸疾患 潰瘍性大腸炎 クローン病 IBDセカンド オピニオン外来では 標準治療をふまえ相談患者さんに最適切な情報提供に努めています IBDセンターでは セカンド オピニオン を受け付けております IBDのセカンド オピニオンは 月曜日 水曜日 金曜日の午前 午後 火曜日 木曜日 土曜日の午前に受付しております 新規IBD治療薬の臨床研究 治験 をおこなっています IBD領域では多くの新規薬剤が開発されています 当院では製薬会社から臨床試験 治験 依頼が多く 常時治験をおこなっております 対象となる患者さんは限定されますが 適応があれば治験薬を含めた最適な治療方法を提案させていただいます IBDセンターは医師 社会への啓蒙活動をおこなっております 年数回の定期オープンカンファレンス 市民公開講座を開催しホームドクターや患者さんとの意見交換の場を設けています 最先端の内視鏡治療 光学診療部 光学診療部は内視鏡を用いて診断

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/kouhou/shokaki.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive


  • 大船中央病院特色 乳腺センター
    消化器 IBDセンター 乳腺センター 整形外科 婦人科 泌尿器科 外科 眼科 放射線治療センター 脳神経外科 麻酔科 耳鼻咽喉科 皮膚科 病理診断科 光学診療部 救急診療科 歯科 口腔外科 乳腺センター 大渕 徹 医師 センター長 専門分野 乳腺外科 1990年 千葉大学医学部卒 日本外科学会認定医 日本乳癌学会専門医 検診マンモグラフィ読影認定医 評価A 診療科の説明 乳がんをはじめとする乳腺疾患の診断と治療を専門に行っています マンモグラフィ 乳房X線撮影 は女性のレントゲン技師が担当し 乳房の超音波検査も女性技師が対応可能です 必要に応じて細胞診を行ない その日のうちに結果をお知らせできます 超早期乳癌の診断に有用なマンモトーム生検も行なっております 乳房切除が必要な場合 ご希望であれば同時乳房再建を行なうことができます 放射線治療医と最新の治療機器により 院内での放射線治療が可能です セカンドオピニオンにも随時対応しております 形成外科 畑山医師は日本形成外科学会員で日本乳癌学会の専門医でもあり美容も含め乳房の形成 再建手術の経験が豊富です 癌治療による組織欠損の再建手術を行います 手術 診療実績 乳がんの手術件数 年間約280例 乳房温存率 約70 乳房温存療法の治療成績 stage I の5年生存率97 10年生存率92 stage II の5年生存率92 10年生存率82 stage III の5年生存率64 10年生存率42 高い乳房温存率 リンパ節切除範囲の縮小など

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/kouhou/nyusen.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 大船中央病院特色 整形外科
    放射線治療センター 脳神経外科 麻酔科 耳鼻咽喉科 皮膚科 病理診断科 光学診療部 救急診療科 歯科 口腔外科 整形外科 大山 達也 医師 1997年3月 北里大学卒業 整形外科全般 関節 外傷 診療科の説明 当科の特徴 外傷を取り扱う機会が多いのですが 脊椎脊髄手術 関節鏡手術 人工関節手術が外傷以外では重要な我が科のテーマとなっています また外来においては骨密度測定装置を使用した定期的な骨量測定を行い 骨粗鬆症における骨折予防にも積極的に取り組んでいます 脊椎脊髄手術 脊椎脊髄手術はこの20年に著しい進歩を遂げ 20年前には大学病院の教授にのみ許された手術であったものが 手術手技の向上 麻酔の進歩と相まって 比較的安全で機能回復の目処がたてられる手術として 当院においても多種多様な手術が行われるようになりました 現体制発足以来 約400例の脊椎脊髄手術を行い 自己血輸血 術中 術後回収血装置の併用など 初期2例を除き全例で無輸血手術を果たしてきました 関節鏡手術 一般的な膝関節手術の他に 関節鏡視下の肩関節手術に取り組んでおります 反復性脱臼 野球肩 50肩 インピンジメント症候群 石灰沈着性腱炎などが治療対象となります 特に平成16年に導入した関節鏡視下の腱板縫合術は当初 技術的に難しかったため 当時 東京警察病院整形外科の佐藤達夫君とお互いの病例を共有しつつ手術経験例を増やして参りました 現在では当科でのスタンダードな術式として多くの方の肩関節の除痛 機能回復に寄与しています 今回 佐藤達夫君を常勤医に迎え さらにこの分野の発展が見込まれます 人工関節手術 ラピッドリカバリープログラムの導入 人工関節手術は 近年その技術も飛躍的に進歩し 日本全国で年間4万件以上の手術が行われる一般的な治療法になってきました これは同時に 積極的に手術を受け より健康で快適な生活を選択する方々が増えていることを示しています 人工関節手術は 関節の痛みの除去が一番の目的ですが ほとんど歩けなかった方が歩けるようになったり 外出困難だった方が旅行できるようになったりといった生活の質 QOL

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/kouhou/seikei.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 大船中央病院特色 婦人科
    放射線治療センター 脳神経外科 麻酔科 耳鼻咽喉科 皮膚科 病理診断科 光学診療部 救急診療科 歯科 口腔外科 婦人科 非常勤医師 月曜日 冨久尾 信 医師 火曜日 舟山 仁 医師 水曜日 中村 秋彦 医師 木曜日 漢那 顕 医師 金曜日 AM窪田 與志 医師 PM小林 久美 医師 土曜日 予約制 診療科の説明 受付時間 午前10 00 11 30 午後 月 水曜日 2 00 4 30 火曜日 1 30 3 30 木 金曜日 1 30 4 30 初診は4時まで 土曜日 10 00 11 30 現在婦人科は 非常勤医師で診療にあたっており 手術や入院を必要とする治療には対応しておりません

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/kouhou/fujinka.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 大船中央病院特色 泌尿器科
    尿路悪性腫瘍 勃起障害 前立腺肥大症 過活動膀胱 神経因性膀胱など多様な疾患を扱うことになります また不妊症のうち男性側に原因のある男性不妊症は泌尿器科の扱う疾患となります 当科ではこれらの疾患に対し安全で質の高い医療を患者の皆様に提供することを目指しております 当院泌尿器科の診療の特徴 前立腺癌小線源療法 当科では限局性前立腺癌に対しては患者さんの体に影響の少ない小線源療法など放射線療法を中心に行っております 前立腺癌は照射する放射線量が多いほど 治療効果があるといわれています 小線源治療は前立腺の内部に放射性物質 小線源 を挿入して それが放出する放射線により正確かつ的確に前立腺への照射を行う方法です 前立腺の内部から放射線をかけることとなるため 外部からかけるのに比べ 前立腺へ照射する線量を多くしても直腸や膀胱などの周囲臓器への線量を低く保つことができます 通常行われている外部照射では 70 76 グレイという線量の放射線が照射されるのに対して 小線源治療では 160 グレイという高線量の放射線を照射できます 治療自体も短期間で済みます 全身麻酔の上 陰嚢と肛門の間から 特殊な針を使って50 100個程度の小線源の挿入を行ないます 通常2時間程度の手術時間で 4日間の入院治療 個室管理 としております 低リスクの限局性前立腺癌に対しては小線源単独療法で行っていますが リスクの高い限局性前立腺癌でも小線源療法を行った上で放射線外照射療法を追加することやホルモン療法を併用することにより手術と同等以上の治療効果を期待できます 尿路結石治療 体外衝撃波結石破砕術 ESWL を1泊2日の入院で行っています 大きな結石を治療する場合には尿管閉塞予防の為に前もって尿管ステントカテーテル留置を全身麻酔下に2泊3日の入院で行うことがあります 尿路結石治療 尿路結石症に対しては 最新の機器 ドルニエ社製DeltaⅡ による体外衝撃波治療が可能となっております 浴槽のような水の中にお入り頂く必要はなく また仰向けのまま治療可能です 1泊2日の入院で行っております 男性不妊症の診療 担当 岩本晃明 日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 第2 4月曜PM 松下知彦 日本生殖医学会認定 生殖医療専門医 水曜AM PM 土曜AM 男性不妊症とは 一年以上妊娠しない場合でその原因が男性側にあるとき 男性不妊症と言います 不妊カップルのおおよそ半分くらいを占めると言われています 不妊症は稀な病気ではないので一年以内でも前もって検査だけでも診療を行う意義があります 男性不妊症の原因 ①造精機能障害

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/kouhou/hinyouki.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 大船中央病院特色 外科
    食道外科専門医 日本消化器内視鏡学会 指導医 専門医 日本胸部外科学会 指導医 終身 日本消化管学会 胃腸科指導医 専門医 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医 日本がん治療認定医機構 暫定教育医 認定医 日本医師会 認定産業医 厚生労働省 認定臨床研修指導医 消化器外科部長からのメッセージ 2015年10月に就任しました 真船 健一です 専門は上部消化管外科で 食道がん700例 胃がん3000例を超える手術を行ってきましたが 大腸がんも1200例を超える手術を経験しています 埼玉県立がんセンターで1996年に食道に対する胸腔鏡手術を 東大病院で1996年腹腔鏡による胃局所切除 2000年腹腔鏡による幽門側胃切除 幽門保存胃切除を初めて施行し 多くの病院で腹腔鏡手術の導入を指導してまいりました このような豊富な診療経験 医療知識をもとに がんに対する治療を最も得意としております 消化器がん診療の内容 がんに対する手術治療としては ガイドラインで推奨される標準治療はもちろんのこと 徹底した拡大手術 縮小した手術や機能を温存する手術 患者さんの負担が少ない腹腔鏡 胸腔鏡を用いた手術まで あらゆる手術に対応いたします 患者さんの病状 全身状態によって またご希望によって 患者さんに最良の治療を提供できますように努力しております がんに対しては 手術のみならず抗がん剤治療や放射線治療 免疫治療を組み合わせて より効果的な治療を提供いたします とくに食道癌 胃癌 大腸癌では 手術の前に抗がん剤を用いることで より効果的な治療を行えることがありますし 術後に予防的に抗がん剤治療も行っております 手術後にがんが再発した場合や切除できなかった場合は 抗がん剤 放射線療法 緩和ケアなどの治療も行っており 在宅医療機関との連携も行っております このように いわゆる がん難民 を作らないように取り組んでおります 胃や大腸のポリープや早期癌の治療では 消化器内科と連携して 粘膜切除術EMR 粘膜下層切開剥離術ESDなどの内視鏡治療を選択することが可能です 他にも あらゆる消化器疾患の診断 治療において 消化器内科と密接に連携を行います 近年は内視鏡と腹腔鏡を組み合わせた治療にも積極的に関わっております がんの診断治療に関するセカンド オピニオンも積極的に行います また日本全国にわたり多くの高名な消化器外科医 消化器内科医を存じておりますので 場合によっては適当な施設をご紹介することも可能です 診療科の説明 外科顧問の雨宮医師は乳腺の領域では有名ですが その経歴でわかるようにアメリカで8年間のレジデント フェローとして一般外科 胸部血管外科の訓練を受け その幅広い知識と経験を生かし外科領域全体の指導的役割を務めるとともに 乳癌の治療を行っています 以下の医師が中心となり 消化器 乳腺 甲状腺 内分泌 呼吸器 血管外科および形成外科などの幅広い外科領域の治療を行っています 一般外科 消化器外科 真船 杉尾 乳腺外科 大渕 乳腺センターとして診療体制をとる 形成外科 甲状腺 内分泌 畑山 呼吸器外科 佐伯 血管外科 北濱 一般外科 消化器外科 一般外科は 真船医師 杉尾医師が中心となり 食道 胃 大腸などの消化管や肝臓 胆嚢 膵臓 ヘルニア 虫垂炎 痔等の手術を行います 癌の治療は カンファレンスで内科 外科 放射線診断 放射線治療の専門医が集まり討論します 患者様の病状 合併疾患などを考慮し 最適な治療を選択します 癌の治療において手術は重要な役割を持っておりますが 内科的治療 化学療法 放射線療法などを含めて検討します 腹腔鏡手術は 院長の北濱が日本で最初の腹腔鏡下の胆嚢摘出術を日本外科学会に発表して以来 その技術 手法は他の領域に拡がりました 胆石の手術だけではなく 胃がん 大腸がん 虫垂炎 鼡径ヘルニアなどの手術に積極的に腹腔鏡手術を行っております 安全で苦痛が少なく 早期に社会復帰できる手術を目指しております 形成外科 甲状腺 内分泌外科 形成外科の畑山医師は 日本形成外科学会員で日本乳癌学会の専門医でもあり 美容も含め乳房の形成 再建手術の経験が豊富です 癌治療による組織欠損の再建手術を行っています 甲状腺や内分泌に関係する外科治療をまとめて診療に当たりますが 副腎腫瘍等は院長の北濱が38年間のアメリカでの経験を生かしチームで治療します 呼吸器外科 呼吸器外科は佐伯医師が担当します 肺癌 気胸などの呼吸器疾患の外科治療に先端的に取り組んでいます CT透視下生検について 当院呼吸器外科医師 佐伯典之 PDFファイルです 血管外科 血管外科は院長の北濱が担当します 1 腹部大動脈瘤 破裂は重大な結果につながるため 正確な診断と治療が必要です 2 閉塞性動脈硬化症 足の痛みが歩行障害につながり 整形外科の病気として多くの場合治療されています 3 脳梗塞の予防 頸動脈の動脈硬化は粥状の血栓を作り 脳梗塞の原因となります 早期の診断治療により予防が可能です 4 下肢静脈瘤 美容上だけでなく重篤な合併症も起こるので 正しい診断と治療が必要です 5 その他の血管の疾患に対する診断 治療や 腎障害に対する透析のシャント手術 およびその機能不全に対して再建も行います 乳腺外科 乳腺センターを参照下さい 手術 診療実績 平成24年 1月 12月 外科手術件数 食道 9件 内 鏡視下手術 1件

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/kouhou/geka.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 大船中央病院特色 眼科
    皮膚科 病理診断科 光学診療部 救急診療科 歯科 口腔外科 眼科 樋渡 英二 医師 眼科部長 専門分野 眼科診療 手術一般 1990年 東海大学医学部卒 日本眼科学会専門医 診療科の説明 白内障をはじめ角結膜疾患 ドライアイなど 緑内障 網膜硝子体疾患 糖尿病性網膜症など について幅広く診療を行っております 診療概要 樋渡 英二 担当 外来診察日 月 火 木 金 土曜日 午前中 中村 麻里 担当 外来診察日 月 火 木 金曜日 保科 真理 担当 外来診察日 水曜日 星野 正子 担当 外来診察日 水曜日 第1週目の土曜日 診療内容については 白内障をはじめ角結膜疾患 ドライアイなど 緑内障 網膜障硝子体疾患 糖尿病性網膜症など について幅広く診療を行っていきたいと思っております 白内障手術は基本的に短期入院で行なっております また選択的レーザー線維柱帯形成術 SLT を含む緑内障手術 網膜剥離手術 硝子体手術についても患者様のご希望により対応したいと考えております 樋渡先生よりひと言 地域の総合病院として皆様方が気軽に受診 相談できるような外来を目指しております

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/kouhou/ganka.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive

  • 大船中央病院特色 放射線科
    求人情報はこちら 当院の特色 診療科一覧 内科 消化器 IBDセンター 乳腺センター 整形外科 婦人科 泌尿器科 外科 眼科 放射線治療センター 脳神経外科 麻酔科 耳鼻咽喉科 皮膚科 病理診断科 光学診療部 救急診療科 歯科 口腔外科 内科 武田 篤也 医師 センター長 専門分野 放射線治療 特に定位放射線治療 1994年 慶應義塾大学医学部卒 日本医学放射線学会専門医 治療 日本放射線腫瘍学会認定医 診療科の説明 より詳しい情報は こちらをクリックしてご閲覧ください PAGE TOP

    Original URL path: http://www.ofunachuohp.net/kouhou/rt.html (2016-04-30)
    Open archived version from archive



  •